2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

①すれ違う翼

2008年03月08日(土)

キラ、カラーでは、「茶髪、紫色の瞳」に見えますが、「黒い髪、黒い目」だそうです。んまっ、そう見れなくもないでしょう。
「一人しどろもどろするキラだった」が何か面白いです。
人によって、見た目の描写に差があります。フレイとイザークが凄いです。カガリも、ある意味。
ラスティは、“陽気でお調子者”らしいですが、結構な皮肉屋に見えます。
原作と、流れが違う所が結構ありますね。
ラミアス艦長、実戦経験なかったらしいです。確かに、前の所属もそういう感じの名前でした。艦長の予定ではなかったのに、よく頑張りましたよ。
“北大西洋連邦”とあります。間違いでしょうか?
アデス、ヘリオポリス崩壊とクルーゼに恐怖です。面白いw
“新造戦艦”を“心臓戦艦”だと思っていました。
シャワー浴びてる時に、戦闘配備になったら嫌です。
ディアッカは昇進したかったんですねw
イザーク達と軍に入ってから知り合ったのかと思ってましたが、親が政治家のよしみで昔から知り合っていたんでしょうか。出会いを描いて欲しかったです。
アスランは地位や戦功に興味がないそうです。どう見ても、イザークがライバル視しているのに、相手にしてないみたいに見えます。これはムカつきますわ。
長い戦闘になる時もあるのに、オムツつけないんでしょうかね。長時間水も飲めないと脱水症状で大変な事になります。吐寫物などを吸い取る機能はメットにあって欲しいです。最初は、吐いたり漏らしたりする人多いですし。
カトウ教授、名前をちょこっとしか出てないのに、やけに印象に残ります。
確かに、キラはナチュラルに利用されて、同胞に銃を向き向けられ、ザフトにいきたくなるでしょうけど、カトウゼミの仲間たちが居る事を忘れ気味ですよね。
プラントの外壁は、有機物で出来ているそうです。成る程、だから自己修復ガラスなんて出来るんですね。それにしても凄い技術です。12の市は、それぞれ特化した分野を持ちます。全部研究です。
キラが救命ボートを2回も拾ってきた事から、「捨て犬を見ると拾ってきてしまう子供を持つ親の気分 」と書いてありますw2人の大佐は夫婦って事になりますね。
ラクスは考えいることが分からなかったキャラでしたが、小説では心情も書かれていて、分かりました。AAに保護された事が、動くきっかけになったのかもしれません。
最初はそういう予定だったのか、ラクスとキラを見送るのはトールだけになってます。
アスランはラクスを、“女王”“老成した政治家”と思うようになってしまいましたとさ。
人間の価値は自身の能力で決まる―、いかにもイザークが考えてそうですね。
“華奢で、壊れやすそうな優しい”って、キラフレイの事勘違いしてます。

解説まで面白いです。
ビームサーベル同士切り結ぶのは、嘘っぽいからやめる、という事になったのに、何故実現してしまったのでしょうなー。
下村さんロリコンで…バツイチ?w

スポンサーサイト

タグ : 機動戦士 ガンダム SEED 感想

11:57  |  ガンダムシリーズ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://invoquez.blog57.fc2.com/tb.php/220-c7e37086
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。