2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月 

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

電脳コイル 六話、七話

2009年05月22日(金)

6話 「普通のハラケン」ってw助けてくれたのに酷いですな。
 仏具店に小学生が何の用何でしょう。
おばちゃんと花屋のおばさんの想像図がw
二人の頭に木…古典的です。
 子供に「頭の悪そうな文章」って言われてますwヒステリック女はオバチャンの事かー!縦割り行政、仲悪い局の管轄、小学生がそういう事言っちゃうのは逆にリアルかも。 メガばあの温泉のやりとりといい面白いところが一杯ある回です。前半は大分忘れてたので、もう一回二回と観れて良かったです。
 「あんた、悪いバグでも貰ってるんじゃないの」「失礼ね」「私たち、もう普通の子供には戻れないのね」www
 ケンちゃん、あんな事言われたのに、「悪い友達じゃない」なんて良い子です。
玉子(笑)学校はどうした。
優子のお父さんが郵政省の人でオバチャンの直接の上司だったなんて。しかも押し切られてるしw
しかしまあ、叔母ちゃんと5歳しか離れてないなんて。

7話 閉じこめられたくだりのヤサコちょっとウザいwイサコは珍しく笑いました。 幼児!ってww京子相手の勇子は面白いです。流石に見捨てられないものね。この先友達になれる可能性もある、って意味よね。
 脚本の宮村優子さんは声優のあの人とは別人です。
スポンサーサイト
03:10  |  他作品  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://invoquez.blog57.fc2.com/tb.php/351-d1bdc826
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。